ちょっと危険な時事評論「スカ犬の遠吠え」を軸に、バンド活動を語る「スカッとロックバンド」、食とレストランを斬る「スカスカのごはん」と多彩な内容です。「スカ引きの人生」を送るアホ中年に幸あれ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「遅いよ。今日はもうダメ。帰る。」
皐月は冷ややかに言い放ち、きびすを返した。
「ちょっと待ってくれよ。駐車に手間どったんだよ。ごめん。」
だが皐月の姿はもう見えなくなっていた。やれやれ、今日もダメか、美しいけど短気な人だな。これで皐月にふられるのは何度目になるのだろう。

ずっと以前から皐月に思いを寄せていた。だが夜はダメ、日曜・祝日もダメだという。私が誘えるのは土曜の午後しかないのだ。ということで今日は車を飛ばして会いに来た。しかし駐車場探しに手間どってしまったのだ。やっとのことで1ブロックほど離れたパーキングから息せききって駆けつけたのだが… 私は落胆しきって帰路についたのだった。

信号で停まったとき、左の歩道に雪美の姿を見つけた。皐月ほど恋い焦がれてはないけれども、清楚なルックスに惹かれていた。そうだ、これも神さまのいたずらってヤツかもしれない。雪美、いい女じゃないか。皐月なんかよりずっと素敵さ、そうだそうだ。と自分にいい聞かせて彼女を必死に誘った。実は皐月と会う前にすでに昂ぶっていた俺、このままでは帰れなかっただけなのだが。

30分後、私は雪美に耽溺していた。なんて、なんて美しい。こんな女は初めてだ。甘く刺激的な香りに匂い立つ滑らかな白い肌に、俺は夢中でむしゃぶりついたのだ。何度も、何度も。
(今日はこれでよかったんだ。皐月にふられたおかげで雪美と… すばらしい女だ。)
俺は本心からそう思った。そして帰り際には彼女の耳に囁く。
「雪美、君は最高だ。また会ってくれるね。」

しかし雪美と別れた帰りの車中で、俺は次回の皐月の攻略法を考えていたのだった。
(そう人気があるわけでもない雪美でこれだ、男達が絶賛する皐月の肌とはいったいどんな…)
サイテー?しかしこれが男の本性なのさ。


雪見カレーうどん

▲今日の昼食は『雪見カレーうどん』

谷町八丁目の住宅街、見つけづらいところにある『皐月庵』。ここはカレーうどんでは最高峰との評判である。もちろんカレーだけではなくうどん自体もしっかりした自家製手打ち、それにスパイスを研究しつくした達人店主の作るルーがからむ。●営業時間は11:30~15:00(売りきれ次第閉店)●日曜・祝日は休み。
昼ごろ、犬と散歩しながら突然カレーうどんが食いたくなった俺は、かねてより情報誌で目をつけていたここへ車を飛ばした。まず店の前を通って確認する。今まで何度か午後にのんびり来ては「売り切れ」札の前に退散したからである。よしまだやってる。ところが駐車場が近くにない。路上駐車できそうなスペースもない。十分ほどかかって遠くにコインパーキングを見つけ、小走りに向う。たどりついた店の暖簾は降ろされ「売り切れました」の札。

上本町3交差点、上町筋に面したこぎれいな居酒屋ふうのうどん屋さんを発見(名前は忘れた)。季節の素材を用いた創作うどんが売りで、夜は+居酒屋になるようだ。しっかりコシのありながら滑らかな“女系”讃岐うどんは生醤油やぶっかけもうまそうだが、今日の俺はすっかりカレーを期待していたので迷わず注文したのが写真のこれ、山いもとろろと卵黄をトッピング、名前は『雪見うどん』である。いやあとろろも玉子もかなり良い素材を使っているし、カレーにこんなに合うとは驚きだ。値段がちょっと高いのが珠に傷だが、この味と清潔でセンスの良い店内を考えるとまずまずか。
スポンサーサイト
オチは?
正直いって、前段を読んだ時はラーメンネタがオチだと思っていた。
それが、うどんとは。いやはや、僕もまだ修行がたらんな。
【2006/10/29 Sun】 URL // DIXIE #- [ 編集 ]
すし屋の横の「春菜」ですな。1回だけ行ったことあります。
本場讃岐うどんは500円で満腹になるのに比べると、すんげー高く感じる。
【2006/10/29 Sun】 URL // ふぐりメン #- [ 編集 ]
あれ?オチを予想されたか。
しかもラーメンネタとまで… ワシの方こそまだまだ修行が足りん。本気で暴露小説でも書いたろかな。
まー値段のことはとりあえずよろしいやん。本場讃岐うどんはそりゃムチャでっせ、一杯100円なんて大阪では無理やろし。ちなみに「春菜」の雪見カレーうどんは900円ぐらいだったかな。確かにすんげー高い。
それにしてもなんで“ふぐりメン”て複数形なんでスカ? それともめん類のメン?
【2006/10/29 Sun】 URL // スカドッグ #Vbtw02aA [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://skadog.blog47.fc2.com/tb.php/80-46493472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 HOWL OF "SKADOG" all rights reserved.
プロフィール

スカドッグ

Author:スカドッグ
謎(ウソ・バレバレ)の中年男。スカドッグの名のいわれはギター弾きならわかるよね。スカイドッグみたく天空までは昇れずスカッとコケます。

カテゴリー
最近の記事
Twitter

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。