ちょっと危険な時事評論「スカ犬の遠吠え」を軸に、バンド活動を語る「スカッとロックバンド」、食とレストランを斬る「スカスカのごはん」と多彩な内容です。「スカ引きの人生」を送るアホ中年に幸あれ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札束扇子
▲写真は『開運!札束扇子』だってさ、ケッサク。こちらで買えるみたいよ

ライブドア事件に思う(3) 金儲けは悪か
これでこのシリーズも最後にするけれど、これが一番強く感じたことだ。今回の事件に関して『金もうけ主義』を否定する投書(主にジジイ)が新聞の声欄に多い、これがまた「額に汗して地道に働け」論調でイマイチ納得できない。大学のゼミで最初に習ったテキスト(都留 重人 著)にこうあった。

利潤というのはいわば船の動力みたいなもの。目的地に船を進めるにはかじ取りが必要だが、動力がなくては進むことができない。

いうまでもなく我が国は資本主義・市場経済制だ。みんなが自分の儲けが最大になるように働けばうまくゆく『神の見えざる手』、それをかじ取りするのが法律・政治。法律に抵触したからホリエモンは逮捕されたわけで、儲けようとした動機が悪いわけじゃない。
「何の価値を生まず、誰の役にも立たず、株や金をあやつるだけで利益を得るのが許せない!」と言うなら、銀行を含めた金融業や証券会社はみんなそうだぜ。範囲を拡げれば税務署員も会計士も財務省の役人も、さらに一般の会社で経理やってる人も。いったい世の中に金の計算だけで生計を立てている人がどれだけいると思う?それみんな社会に貢献しとらんのか?
「銀行員なんて社会の寄生虫じゃ」と思ってるバリバリ左翼ならよろしい。そうじゃなくて息子が銀行に就職できたら喜ぶような人が「マネーゲームは悪だ」なんて言わんといてくれ。同じことじゃないか。
とワシも事業者なので一応は各方面に配慮しておくけれど…実はね↓
ワシはマネーゲームは興味がない。金融・証券・会計業界に就職した人の気が知れぬ。だって何かをつくる方がダンゼン面白いもんね。文章つくったり写真いじったり(以上は仕事)、ギター弾いたりライブやったりブログやったり(以上は趣味)。どちらもやってる最中も楽しいけど、仕上がってみんなに見せたり聴かせたりして、さらに喜ばれたら至上の喜びだ。金がもらえようがもらえまいが、どうせそんなことを毎日やってしまうのだから、それでメシ食えたら一石二鳥だね。そんなところだ。
そっち方面の人にそれを言うと憮然としてこう言うのだ。
「そりゃああんたはいいよ。才能にも運にも恵まれたからそうしていられるんだよ。」
しかし創作活動や制作業務だけじゃないのである。バイトを含め今まで働いた、農業(実家)・工業(印刷工)・商業(アルバイト店員)それぞれに似たような喜びがあった。それは何なのか、今回のニュースを機に考えてみた。
たぶんね、人の役に立つ、人に喜んでもらえる、ってことだろうよ。それが価値というもので、価値を造り出すのが労働で、労働する人を社会人と呼ぶのだろう。ホリエモンはじめマネーゲームで何億円儲けたとかの話を聞いても、なんか一人前じゃないような気がするのは、マネーゲームで儲かって喜ぶのは自分だけ、誰の何の役にも立っちゃあせんから、なのだろうね。
あーでも大金使えば店には喜ばれるな。なるほど、じゃあそういう人は金を使うしか仕事がない、そこでしか労働の喜びが得られないから散財するのだろう。『悪銭身に付かず』ってそういうことなのかも。よっしゃ、ワシもひょっとして宝くじ当たったり、株や土地転がしで大儲けしたりしたら、じゃんじゃん散財しまくってみんなを喜ばせることにするぞ。
(シャッキンカエシタラ、アンマリノコランカッタリシテ…)
スポンサーサイト

テーマ:ライブドア問題 - ジャンル:ニュース


管理者にだけ表示を許可する
http://skadog.blog47.fc2.com/tb.php/4-6f0b9d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 HOWL OF "SKADOG" all rights reserved.
プロフィール

スカドッグ

Author:スカドッグ
謎(ウソ・バレバレ)の中年男。スカドッグの名のいわれはギター弾きならわかるよね。スカイドッグみたく天空までは昇れずスカッとコケます。

カテゴリー
最近の記事
Twitter

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。