ちょっと危険な時事評論「スカ犬の遠吠え」を軸に、バンド活動を語る「スカッとロックバンド」、食とレストランを斬る「スカスカのごはん」と多彩な内容です。「スカ引きの人生」を送るアホ中年に幸あれ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言っとくが俺が出て行けと言ったわけじゃないからな。ただちょっと怒鳴っただけ、あいつは自分から出て行ったのだ。ああ行きたけりゃ行け、勝手にするがいいさ。長くいっしょに暮らしたけれども少しも俺に心を開かなかった。たまに抱いてもあからさまに嫌そうな顔をしていた。そのくせめんどうばかりかけやがって。あいつなんか居ない方が出費も減るし部屋もきれいだ。せいせいするよ。だけど俺なしで生きていけると思っているのなら浅はかな女だぜ。どうせそのうち泣きを入れて戻ってくるに違いない。


それは数週間前、ゴミの日の朝のことだ。先週出し忘れたゴミ袋を玄関に置いたままで俺は上階のゴミを集め、戻ってくるとゴミ袋の陰でゴソゴソする影。シャー子(性悪メス猫)がゴミ袋を噛み破ってあさっているではないか。「こらっ!」と怒鳴って走り寄ると忠義面のぐら(馬鹿オス犬)も吠えながら追い回す。逃げ場を失った猫は開け放してあった玄関から飛び出し、車の下にもぐりこんだのだ。ゴミを出して戻り、車の下をのぞきこんだが、すでに影もなかった。いいさあんな可愛げのない猫、嫌なら出て行け。どこで野垂れ死にしようが知ったこっちゃない。

それから一週間ほど姿を見なかったのでちょっと心配になってきた。エサは近所の野良猫について行動すれば困らないはずだが、ヤツは子猫のときに俺が車で轢いたせいで排便がままならず、2週に1度は病院でしごき出さねばならない。もう限界近いはず。
数日前の夜、帰宅するとどこからともなく「ニャ~ン・・」と情けない声。窓から懐中電灯で照らすとフェンスと壁の間の幅50cmほどの隙間に姿が見えた。玄関を開けて呼んだが寄ってこない。もとから俺が近寄ると逃げる猫なのだ。そんな猫をわざわざ捕獲して飼ってやるのも癪に障るが、家の周囲で野垂れ死にされるのも気分が悪い。

考えたあげく一階裏の小窓を開けたままにしておくことにした。猫なら飛び込める高さと大きさだ。
そして一昨日、帰宅してドアを開けたとたん、「ミギャ~ン」と俺をなじるような鳴き声が居間から聞こえてきた。行くと何事もなかったようにしゃあしゃあとしてエサ箱の前でわめいている。なんだ、やっぱり戻ったのか。がっかりするような、ほっとするような。ま自分から戻ってきたのならまた面倒みてやるか。
スポンサーサイト
>近寄ると逃げる猫

難儀なネコですね~。ネコって憎たらしいイメージがあるんですが、まさにイメージ通り(笑)
【2007/09/04 Tue】 URL // yabu #- [ 編集 ]
悪いぞー!
知能は犬より劣るはずなんだが、それが悪いことするときは信じられないほどずる賢くなる。例えばドアノブに飛びついて回しながら壁を蹴ってドアを開ける(犬はどうにか手が届くにもかかわらず開けられない)。戸棚や引き出しなんてちょろいもんだ。食品の包装もうまく破って中味だけ取り出して食べる(犬はちゃちゃむちゃにするから紙やビニールと混ざってしまってうまく食えない)。衣類かごの上に猫よけに置いたモノを取り外し、自分のソファにしてけつかる。見つけてどついたら恨みに思うのか、その上におしっこかけさらす。ちなみにおしっこは自分の砂トイレでもするが人間用の洋式トイレも使える(ちゃんと流せよ!と思うが)。まるで化け猫やろ。
【2007/09/05 Wed】 URL // スカドッグ #Vbtw02aA [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://skadog.blog47.fc2.com/tb.php/136-09810e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 HOWL OF "SKADOG" all rights reserved.
プロフィール

スカドッグ

Author:スカドッグ
謎(ウソ・バレバレ)の中年男。スカドッグの名のいわれはギター弾きならわかるよね。スカイドッグみたく天空までは昇れずスカッとコケます。

カテゴリー
最近の記事
Twitter

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。