ちょっと危険な時事評論「スカ犬の遠吠え」を軸に、バンド活動を語る「スカッとロックバンド」、食とレストランを斬る「スカスカのごはん」と多彩な内容です。「スカ引きの人生」を送るアホ中年に幸あれ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トグルスイッチが無い


俺が男前だったのはいいとしてだ。先日のライブ、『2月9日の悲劇』として語り継がれることになったかもしれない事故があったことを君たちは知っているか。知らない人には教えよう。いつものようにワイヤレスを生かして客席を練り歩いていた俺だったのだが、遠くにかのイカレ仲間のjackを見つけた俺は手持ちマイクに叫んだのだよ。
「じゃっく~う、どーしてそんな遠くにいるんだ。もっと俺のそばへ来いよ。」
俺の胸にとびこんで来て頬擦りをする可愛いjack。が!そのとき悲劇は起きた。ギターのストラップが突然外れ、俺のレスポールは硬く冷たいビートルズの石の床に落下したのだ。ご存知とは思うがレスポールは重いくせにネックがマホガニーだから、落したり倒したりすると一発でネックが折れる可能性が極めて高い。表を下にして床に横たわったレスポールを、周囲のみんなは絶句して見つめていたっけ。
だが床から拾い上げた俺は驚いた。折れてない!どころかボディのどこにも塗装割れひとつないではないか。なんというラッキーな!神よ、感謝します。俺はすぐにまたギターをぶら下げ、弾いてみようとして気付いた。トグルスイッチのカバーが…砕けていた。しかし機能的には支障なく、スイッチはちゃんと作動し、俺は自分のソロを弾いて曲を終えた。なんということかチューニングすらほとんど狂っていなかったのだ。

ライブ終了後、持ち帰ったレスポールを隅々まで調べた。だって少なくとも床に最初に接地したところには大きな衝撃がかかるはずではないか。無事で済むはずがない。しかし米粒ほどの打痕が2個ほど、数センチの擦り傷が数本見つかったが、やはりどこにも大きな割れなどはないのである。かえって気持ち悪くなったが、どう眺めてもトグルスイッチ意外は無傷なのだ。(なんと偉いトグルスイッチであることよ。それもおそらく俺がセンターミックスでプレイしていたことが良かったのではないだろうか。やはり俺は偉いよなあ。)と悦に入り眠りについたのだった。
だが実はギターを守った本当の立役者はトグルスイッチではなかったのだ。


ワイヤレスぐにゃり

その偉いパーツはこいつだった。サムソンのプラグイン・ワイヤレス送信機である。見てのとおりプラグがぐにゃりと曲がっている。もとは当然まっすぐだったのである。レスポールの場合、ぶら下げたとき地面に一番近いあたりにジャックが下向きに付いている。プラグはここに差し込まれており、送信ユニットはプラグから直角に曲がり、ボディから浮いた状態となっている。このプラグがこんなに曲がっているということは、まず間違いなく受信機から落ちたのだ。プラグが曲がる弾性がクッションになってギターを守ったのだ。
サムソンのワイヤレスシステム、以前から愛用しているがますます好きになったぜ。レスポール弾きにはこんなメリットもあるんだな。手放せないぜ。(でもこれからはストラップ留めも忘れずにしよう。)
スポンサーサイト
そうやったんかぁ~~~
いやホンマ、あの時は一瞬凍りつきましたがな。
ネックポッキリにならなくてホンマによかったです、ホンマホンマ。
【2007/02/14 Wed】 URL // ヘルやん #PAJNfKCg [ 編集 ]
いや~
もうホントに申し訳ないです。
先週は全てにおいてやる事なす事裏目裏目の週でした。
次回はもう少し気をつけて頬擦りをさせて頂こうと思います。
【2007/02/16 Fri】 URL // jack #- [ 編集 ]
まねしちゃいました
始めまして、スカさん。  JOEさんとこから飛んできました。  この記事を見てSAMSON Air Line買うてまいましたわ。
また、たのしいドキュメント期待してますよ。
【2007/02/18 Sun】 URL // ヒロ #- [ 編集 ]
ギターよりも芸が大事
というポリシーでやっとりますので、傷ぐらいはちーとも気にならんのだが、ネック折れたりしてライブ続行不能になったらとりあえず困ってたでしょうね。他のギター借りても弦高が低いことが多いし。でもjackちゃんは何も悪くないのよ。思いっきりからんでくれ。愛してるからさ。
ヒロさん、はじめまして。これ読んで買ったってことはレスポール派&アクション派?。これでギター落しても安心ですね(ってこたないかハハハ)
【2007/02/19 Mon】 URL // スカドッグ #Vbtw02aA [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://skadog.blog47.fc2.com/tb.php/104-757a9b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 HOWL OF "SKADOG" all rights reserved.
プロフィール

スカドッグ

Author:スカドッグ
謎(ウソ・バレバレ)の中年男。スカドッグの名のいわれはギター弾きならわかるよね。スカイドッグみたく天空までは昇れずスカッとコケます。

カテゴリー
最近の記事
Twitter

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。