ちょっと危険な時事評論「スカ犬の遠吠え」を軸に、バンド活動を語る「スカッとロックバンド」、食とレストランを斬る「スカスカのごはん」と多彩な内容です。「スカ引きの人生」を送るアホ中年に幸あれ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蕎麦屋の風景

 居酒屋のカウンター。隣の三人はどうやら家族、50代らしき両親と30前後の息子のようである。けっこうな声で話すから聴こうとしなくても全部聞こえてしまう。このファミリーにはもうひとり娘がいて、まだ学生のようだ。彼女がこの場にこれない理由についてお母さんが説明する。

「あの子こんどパソコン検定があるらしいわ。言うてるんやあたし、パソコンだけはちゃんとできるようにしとき、てな。ほんまは英会話もできたらええねんけど難しいやろ。パソコンはもう『できてあたりまえ』やからな。」
「へんっ!ワシらにはさっぱりわからん世界や、そんなん何の仕事するんかが先ちゃうんかいや。」
 吐き捨てるようにつぶやく父。ま俺もお父さんに賛成ですけどね。
「ちゃうねんって。ウチの子(社員か?)でもな、会議でこっち向いてしゃべりながら手えだけ動いてるねんで。それで言うたこと全部入ってて、済んだらすぐにファックス(メールやろ?)入れやんねん。私が言うた中味なんっにもわかってないけどな。けどそれができてあたりまえやねんて、今は。」
 やや激昂気味にまくしたてる母。何の仕事か管理職クラスのようだが、キーボードを操る若手に複雑な思いがあるみたい。
「俺もパソコンは一応使うけどな。まあブラインドタッチで早く入力できた方が、とりあえず就職には有利やろなあ。」
 論争に進展しそうな両親のようすに、息子は大人の対応のコメントをはさむ。しかし親父さんは収まらずに自説を展開するのだ。
「そんなもん、ホンマの仕事と関係あらへん。手に職つけたモンが強いんや結局。ワシらサラリーマンは若いうちから職人を使うてるつもりで勘違いしとった。職人の方がナンボも偉かったんや…」
 俺も同感である。しかしせっかく息子が緩衝材をはさんでくれたのにはぎ取らなくても…と思ったらやっぱり息子さんはちょっとムッとして反論した。
「けどITかて手に職なんちゃうか?やっぱりこれからはITの時代やで。」

 ところがこの発言がとんでもない展開に!…
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
20070122193350
この可愛らしい練習用アンプにはとぼけたネズミのイラストがサランの隅に付けてあった。小さいからかなあ。ともあれなかなかキュートなルックスだと思わんか?
俺には昔から赤いものに無条件で飛び付く性癖があって、後に冷静になって後悔したことも多い。こんどもそのせいかも知れないので買うのはこらえたけどね。
20070122004938
・・火傷するよ。」
とまるで安いドラマみたいなセリフを唐突に言われたことがある。手ぇ出す前に吹き出してしもてあかんかった。
それはともかく、『サンラメラ』である。このパネルヒーターの製品名だ。小さく薄いうえに、このように足を出しても火傷しないから、卓下の足元暖房にと購入した。
ところがこれがめちゃめちゃ暖かいのである。普通の部屋ならこれ一台で充分なほど。足元なんてもったいない。ベッドサイドに即昇格だ。ほんまにエエでコレ。
しかも嬉しいことに純国産、驚くことに30年間モデルチェンジなしだと。日本にもそんなメーカーがあったのだね。
新入社員の頃、部内の飲み会で40歳間近の先輩が教えてくれた。
「あのなーホレ、10代、20代、30代、40代、50代っちゅうわけや。わかるか~? 自分ら若い思っていい気になっとったらあかんで、年いったら上がらんようになるんや。」
私は24歳ではあったが、体の問題なのか心の問題なのか全く自信がなかったので、
(そんなことは甲子園出場経験を唯一の営業トークにしているカワハラくんにでも言ってくれよ)
とまともに聞いてなかったのである。

しかし、先輩の言う通りだった。五十を前にして、来ました来ました、ドカンと来ました寄る年波が。おっしゃる通り、低い角度にしか上がりませぬ。
「こっこっこっ… こんなはずではぁ!」
と焦っても、いや焦れば焦るほどよけいに上がらない。

↓そのぶざまなさまをどうか見てやってくれ。↓
⇒ 続きを読む

テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体

本当にうまい?

さあ、どうかな。俺はカレーは好きだよ。うまいカレーも何度も食べました。しかしそれが『本当においしい』のかどうかはわかりかねるなあ。でもなんでそんなことを尋ねるのでスカ?
とふと立ち止まってしまって続きを読むと… ふむふむなるほど、つまりこう言いたいのだろう。

当店のカレーを食べずに「おいしいカレーを食べた」と思うあなたは間違っている。
なぜなら当店のカレーこそが『本当においしいカレー』だからである。
他のおいしいと思しきカレーは『本当はおいしくないカレー』なのである。


素晴らしい主張だ。回りくどい表現はやめて、この通り書いてもらえたらもっといいと思うよ。ここまで明快に美味さを主張するとは立派である(本当にそう思うよ)。だってほとんどの飲食店はこんなに堂々としていない。店の雰囲気がどうとか、値段が安いとか、本場の味だとか、新鮮だとか、周囲をぐるぐる回るばかりでズバッと直球勝負をして来ないもの。

感服したからには行かねばなるまいイカネバの娘。
⇒ 続きを読む
20070102094255
4出す5出す6出す7出す8出す9出す、10出す!
ジューダス・プリースト!

今年はこの路線でどないやっ!
年賀用写真


「なになに?『今年は猪突猛進でがんばります』だぁ?ちーたー考えろよ、お前は馬鹿か?」
「だから馬でも鹿でもないよ猪だよ! 見たらわかるだろっ! お前こそ馬鹿だろ?」
「なにをー! イノシシのくせに生意気なっ!ワシはスカドッグさまやんけ。ワフッ!」
「なにさらす、犬が噛んだら痛いやんけ。フンッ!」
「なにさらす、シシが突いたら痛いやんけ。」

まあまあ、喧嘩はやめてワインで乾杯しようぜ。
ってことでみなさん今年もよろしく。
(ところでピエモンテってどこのワインよ?このラベルの趣味!)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 HOWL OF "SKADOG" all rights reserved.
プロフィール

スカドッグ

Author:スカドッグ
謎(ウソ・バレバレ)の中年男。スカドッグの名のいわれはギター弾きならわかるよね。スカイドッグみたく天空までは昇れずスカッとコケます。

カテゴリー
最近の記事
Twitter

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。